ネット誹謗中傷の問題点とは

ネット誹謗中傷とは、SNSサイトなどへの書き込みによって特定の相手を言葉で攻撃することをいいますが、近年急速にその被害が増えています。そうしたネット誹謗中傷は、一度拡散されてしまうと加速度的に広がってしまい、なかなか収拾がつかなくなってしまうのが実情です。サイトの運営者に削除を依頼しても、既にほかのサイトでも拡散されていれば、もはや成すすべもなく泣き寝入りせざるを得ないといったケースさえあります。


ネット誹謗中傷の対策について

個人で解決するのは容易でないネット誹謗中傷について、有効な対策は、火種となる書き込みをしないことに尽きます。悪意を持った人物が言葉尻をとって中傷するための口実を握らせないことが大切になってくるのです。中立的な発言をしていればたとえ誹謗中傷をされても他の閲覧者がそれを助長してくる可能性を減らすことができます。それと同時に、始めからSNSに不要な書き込みをしたり、目立つ言動を慎むことが求められるのです。


セキュリティー対策の面から見たネット誹謗中傷対策とは

ネット誹謗中傷が単なる言葉の暴力としてだけではなく、現実に物理的な被害を及ぼす可能性もあります。そのような際には、危険性の高い人物について特定し、ブロッキングしたり関係機関に通報するなどの対策が重要です。ネット上のセキュリティーだけではその脆弱性を突いてくることも考えられますので、より実効性の高い方策を検討していくことが不可欠です。そうした観点から慎重かつ適切なセキュリティー対策を講じていく必要があります。



ネット誹謗中傷は、弁護士に相談することで、中傷の書き込みを管理する事業者に削除の依頼を行ってくれます。