熱対策で長持ちするLED

LEDを長持ちさせるためには、できるだけ高い熱に晒さないようにしましょう。LEDは高温に長時間晒され続けるとその寿命が短くなってしまいます。LEDの照明装置を設置する際には、実はできるだけ熱がこもらないような配慮が必要なのです。もしLEDが想定する寿命の時間よりも短期間で点灯しなくなったとしたら、熱対策に問題があるのかもしれません。熱をうまく発散するよう配慮すると、LEDはできるだけ長持ちしますよ。


部品の品質が寿命に影響するLED

安い価格で販売されているLEDは魅力的ですが、寿命には注意が必要です。安価なLEDは使われている部品の品質が低いため、寿命が短い可能性が考えられます。良い部品を使用しているLEDは確かに販売価格は高いですが、その分だけ部品の耐久性が高く寿命も長くなる傾向が強くなりますね。そこでLEDの経済性を考えた場合、値段が安いかどうかについて検討するだけでなく、寿命がどの程度持つのかについても注意しましょう。


こまめに消灯するとLEDが長持ち

LEDは長く点灯させているほど寿命を消耗します。そのためLEDを長持ちさせるためには、必要ない時にはこまめに消灯すると長持ちしますよ。蛍光灯の場合、点滅を繰り返すと寿命が短くなるという問題がありました。そのためこまめに消灯することが必ずしも節約になりません。しかしLEDの場合には点灯を繰り返してもあまり寿命には影響ないのです。そこでできるだけ必要ない時にこまめに電気を消し、点灯時間を短くした方が寿命の面で有利ですね。



ledパネルは、様々なメーカーが専門的に取り扱っており、使い勝手の良い商品の開発に欠かせないものとなっています。